名誉毀損訴訟に怯える日々。

ある日突然届いた開示請求に係る照会書。 訴訟に怯えながら日々過ごしております。 同じような境遇の方に、少しでも共感してもらえればと思いブログを始めることにしました。

気持ちの変化2(仮)

プロバイダ責任制限法

正式名称:特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律。

名前が長くてよくわかりません。

目的はサイト運営や経由プロバイダ(合わせて以下プロバイダ)の責任制限と被害者の保護。

 

要するに、プロバイダは被害者と加害者(発信者)の板挟みの状態になっており、発信者の発信した情報をすべては管理出来ないので、ある程度は免責にしてあげましょうというのが一つ(説明がざっくりし過ぎたかも)。

もう一つは発信された情報によって何らかの損害が出た場合、被害者はプロバイダに対して、送信防止措置請求(書き込み削除請求)と発信者情報開示請求ができる。

なるほど!

では 私はこの法律を駆使されてIP開示されてしまったのですね!(滝汗)

このガイドラインなど詳しく知りたい方は👇のサイトで確認してください。

 

www.telesa.or.jp

 

 

 ③名誉毀損

 これはかなり曖昧に定義されており、線引きが難しいところではあるが、名誉が毀損されたというのは、毀損された人、法人、団体などが毀損されたと思っていても、第三者(裁判所)が見て、そう思っているのは本人だけという場合には、名誉毀損罪にならない。

また逆に第三者が見て名誉が毀損されていると思っても、本人が毀損されたと認識していなければ、これも名誉毀損罪にはならない。

要するに、本人(原告)が毀損されたと主張し、第三者(裁判所)が客観的に判断し、認められた場合のみ名誉棄損罪が成立する。

では、具体的にどのような事をすれば名誉棄損罪にあたるのか。

 

・人の名誉を公然と事実を摘示して毀損すること

私の理解だと公然の場で、事実が虚実か真実かに関係なく、毀損する発言をすると成立する。

少人数でもそこから第三者に伝わる可能性がある伝播性が認められるので注意する。

これだと怖くて何にも発言できなくなっちゃいますね。

ただしもちろん免責がある。

 

 ・免責

①事実が公共の利害に関わるものである。

②専ら公益を図る目的で事実を摘示している。

③その事実が真実であるとの証明、もしくは真実の相当性が認められた場合。

 要約すると、発信者が発信した情報が多数の人の目に触れる場で、その事実が他の人にとって利益があり、その事実が証明された、或いは発信者がその事実を真実だと信じた証明がなされた場合は、名誉毀損には当たらない。

 

ここで大事なのはいくつかあって、私怨ではないということ。

私怨になると事実の証明ができても、公益性が認められないので、ほとんどの場合は毀損にあたる。

報復的な私怨になると、過去の判例では毀損に当たらないとする判例もあったが、これは例外的な判例だと思う。

 

次に事実の摘示。

例えば2つの発言がある。

A:あの店はまずい。

B:あの店は腐った野菜を出しているからまずい。

 

何が違うのかというと、事実を摘示しているかどうかが違う。

Aは具体的な事実を摘示していないので、これは批評の範囲内になるが、BはAに加え、腐った野菜を出しているという事実を摘示しているので、この事実の真実性、または真実相当性を証明する必要が出てくる。

 

最後に事実の証明。

なんといってもこれが一番大事で、公然性とか公益性はある程度こじつけれるかもしれないが、真実性はそうはいかない。

ただしこの証明が一番難しく、ほとんどの人は発信した時点で裁判になることなど想定していないので、証拠なんてものは用意していないと思う。

しかも、個人でその証拠集めをするとなると、相当な時間を要するし、金銭的にも浪費する。

先ほどの例文Bの腐った野菜を出している事実の証拠となると、内部リークの協力者がいればいいいが、それ以外だと真実性の証明はかなり難しいと思う。

他で同様の書き込みがあれば、それを読んで真実だと信じた真実相当性を主張するとかになるのかなぁ。

 

 ※私は法律の専門家ではなく、誤認識している可能性もありますので、ここに記載している法律関係の内容を信用しないでください。

気になる方はご自身で調べるか、専門家にご相談することを推奨します。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

気持ちの変化

 IP開示されてから10日が経過した。

弁護士に相談後は、訴訟の事を考える時間はだんだん少なくなってきたが、いまだに吐き気もあり、食欲もまだ戻っていなかった。

睡眠は多少とれるようになってきたが、ときどき早朝に目が覚めることもあり、体重も2キロほど減っていた。

それでもある程度は精神的にゆとりが出てきたので、自分の書き込んだ内容を改めて読み返してみた。

 

  ■書き込んだ内容
・生真面目な人間ほど損な仕事をまわされる。
・上の命令には絶対従わないといけない。
・上場企業のように無駄に書類関係は多いが、まったく機能していない。
・社長がワンマンで神のような存在で、神には聖職者だけが近づける。

 

今まではこの書き込みをを直視していなかった・・・というか直視すると吐き気がしてくるので出来なかった。

しかし、じっくり読み返してみるとだんだんとある考えが込み上げてきた。

あれ?これって俺悪くないんじゃないの!?

 

今までは訴訟されたあとの自分の処遇と、A社に対する謝罪の事ばかりを考えていたが、よく考えてみると、そもそもすべて事実なのに、なんで謝罪なんかしないといけないんだ?

この程度で訴訟になるんだったら、ほとんどの人が思うように発言できないじゃないか。

そう思えて来ると今度はだんだん腹が立ってきた。

私は弱者で相手は企業なので不利には変わりないが、たとえ負けたとしても自分の主張は通した上で、争って負けようと誓った(単純)。

戦わずして~みたいなのはよく聞くセリフではあるが、本当にそうだと思った。

 

自分の主張を通すことを決意してからは吐き気も徐々に収まり、食欲と体重はすぐに戻った。

睡眠は6時間くらい寝れるようになったので、ほぼ本調子と言っていい状態に戻れた。

まずは自分が書いた書き込みを客観的に分析するために、この事案に関係する法律関係を勉強することにした。

 

  ■勉強した内容

SLAPP訴訟

プロバイダ責任制限法

③名誉棄損罪

④過去の判例

 

 

 SLAPP訴訟

これはインターネットの掲示板で見かけた言葉で、どんな意味だろうと検索してみたところ、簡単にいうと強者が弱者にたいして圧力をかけるために行う、勝訴を目的としない訴訟。

 そもそもアメリカで問題となっていた訴訟で、対策として反SLAPP法などあるらしいが、日本ではまだまだ法整備がされていない訴訟らしい。

主に企業が内部リークを書いた記者、作家、出版社に対して訴訟するケースが最も多いらしく、訴訟されたことがある方にはわかると思うが、裁判は勝っても負けても疲弊する。

体力のある企業ならまだしも、個人で裁判となるとその疲労は相当なものになる。

まさにそれがSLAPP訴訟を起こす側の狙いで、原告が敗訴したとしても、今後記事を書くのを躊躇わせる抑止力に十二分になる。

それは被告のみならず、第三者に対しても抑止力になるだろう。

 他にもマンションや太陽光発電所建設に反対する住民に対して、黙らせる目的で訴訟したケースもあるらしい。

 

今回私のケースがSLAPP訴訟に当てはまるかどうかわからないが、発信者のメールアドレスなどが登録してあるサイトの場合などは、IP開示請求だけでも発信者にその旨の連絡がされるし、経由プロバイダに対して発信者情報開示請求or訴訟の場合だとほぼ100%回線契約者(発信者)に主に簡易書留で開示請求に係る照会書が届く。

ほぼと書いたのは、2ちゃんねるの情報ではあるが、突然経由プロバイダから開示しましたとの連絡が来た方がおり、真偽はわからないが念のためほぼとしておいた。

また、主にと書いたのは、経由プロバイダによっては登録してあるメールに連絡が来る場合があるようで、どの経由プロバイダがどの方法を取るかはわからないが、気になる方は一般的な質問としてプロバイダに問い合わせた方がベターだと思う。

やや話がそれてしまったが、原告が経由プロバイダに開示請求した段階で、ほぼ100%の確率で、発信者には自分が開示請求されている事を伝えることができるので、SLAPP目的ならIP開示や情報開示請求でだけでも十分に抑止力になる。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

いざ、法律事務所へ

IPアドレスが開示された後は、本当に落ち込んだ。

何でこんなことを書いてしまったのだろうと毎日思っていた。

私なりの正義があり書き込んだわけだが、いざ開示されると後悔の連続で・・・。

インターネットで調べていると、IPアドレスが開示されたならば、高確率で個人情報も開示されると書いてあったので、無駄なあがきは止めて、自らA社に名乗り出て、謝罪した方がいいのではないかと思うようになった。

もし仮に、個人情報開示を拒否した場合、開示されるまで3カ月~半年の時間稼ぎはできるが、その後の損害賠償訴訟で敗訴すると、それまでの訴訟にかかった原告側の費用の10%程度は加害者が負担する場合がほとんどで、ごくまれに全額負担になったこともあるようだ。

謝罪+示談金を払った方が刑事事件にもならないし、精神的にも社会的にも、そして金銭的にもベターなのではないかと思うようになってきた。

 この辺の判断は精神的にも冷静になれないし、経験値のない人が判断するのは難しいと思う。

法律に明るい第三者に書き込んだ内容を見てもらい、名誉棄損にあたるか判断してもらうのがベストだと思う。

理想は複数人に見てもらうこと。

ただこの段階ではすぐさま訴訟にはならないので、プロバイダ法名誉毀損に関わる法律などを自分で勉強する時間はあるので、本を読んだり、インターネットで調べて、ある程度知識をつけてもいいと思う。

私は心にまったく余裕がなかったので、弁護士にアポをとって、相談予約(30分5000円程度)をした。

 

弁護士といえば一般人にはなかなか馴染みがない職業だと思う。

私にはたまたま1人だけ知り合いの弁護士がいたが、彼は国際弁護士で、このような分野には精通していない。

医師と同じく専門分野があるようなので、できるだけ問題になっている分野に対して詳しい弁護士に相談した方がいいと思う。

法テラスなどは無料で相談できるが、弁護士は自分で選べないらしいので、ある意味運に頼る要素もあると思う。

もちろん話を聞いてもらえるだけで、かなり気持ちが落ち着けるので、法テラスを利用する価値は高い。

ただ私は上記にもあるように、自分で弁護士を探してコンタクトを取った。

 

相談予約した時間が平日の午前中だったので、午前だけ仕事を休んで法律事務所に向かった。

 予約した時間の5分前に事務所に入って、必要事項に記入して待っていた。

緊張するかと思ったが、自分でも意外なほど落ち着いていた。

 相談時間は30分しかないので、事前に相談したい内容、書き込んだ内容、経緯などの資料を用意していた。

弁護士は2名来ていただいて、共に資料を見ながら時系列から話して、書き込んだ内容、原告から公開された訴状などを見てもらった。

 

弁護士の率直な意見としては、この書き込み内容で原告の社会的地位が低下したとは言いにくいが、裁判に絶対はないので、名誉棄損していないとは言い切れない。

私が「実は謝罪を考えており、もし原告から訴状が届いて、代理人の名前がわかったら自分から謝罪を申し入れて、警察にも出頭しようと思っています。」と伝えると、2人そろって、いや、これで逮捕はないから。いいところ起訴猶予くらいじゃないかなと。

損害賠償の金額も判例を見ながら教えてもらったが、原告が企業としても、明らかに売り上げが落ち、その落ちた原因がこの書き込みによるところの証明をしない限り、そんなに高額にはならない。

最近は金額も上がってきているが、この事案なら100万が上限だと思うし、数万って可能性もある。

最後に、もし、原告の代理人がわかって、あなたが謝罪を申し入れ、こじれた場合はまた連絡くださいと言われたところで、タイムオーバーになったが、やはり話を聞いてもらえるだけで、気持ちがかなり楽になった。

 

事務所を出て15分後くらいに、相談した弁護士から電話がかかってきて、言い忘れたが、書き込んだのが3カ月以上前だから、もしかするとプロバイダにログが残ってないかもしれないので、とりあえずプロバイダから照会書が届くまでは待った方がいいですよ。と連絡があった。

正直、ログは消えてる可能性が5%くらいしかないと思うが、それでも妙に嬉しかったことを憶えてる。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

書き込んだ内容と経緯

事実確認をしたあとは、IP開示後に自分がどうなるのかインターネットでずっと調べていた気がする。
弁護士ドットコムにもたどり着いて、弁護士の回答を見るためにすぐさま有料会員登録した。

  ■これまでにわかったざっくりとした最悪の流れ

IP開示訴訟(サイト運営)➡個人情報開示訴訟(プロバイダ)➡損賠賠償訴訟(民事)➡名誉毀損訴訟(刑事)➡逮捕➡失業

 

みたいな感じだった。
でもこれは、最悪中の最悪のケースで、逮捕というのは必要以上に長期にわたって避難中傷したなど、よほど悪質でない限りないようだ。

名誉棄損に限っては刑事事件になったとしても、起訴猶予か不起訴が多いようだ。

同じことを経験したことのある人なら理解できる方もいるかもしれないが、その時は精神的に弱っていたので、損害賠償金と弁護士費用で数百万払ってしかも失業。

前科持ちになり、周囲からは白い目で見られるうえに、再就職は見つからない。
みたいなことを勝手に想像して2回目の絶望した。

そのような今後のことが気になって、その日は1,2時間くらいしか寝れなかった。
今考えると自分自身が蒔いた種なのに、そこまで追い込まれるとは・・・。
自分は改めて弱い人間だと思った。

 
  ■書き込んだ内容
・生真面目な人間ほど損な仕事をまわされる。
・上の命令には絶対従わないといけない。
・上場企業のように無駄に書類関係は多いが、まったく機能していない。
・社長がワンマンで神のような存在で、神には聖職者だけが近づける。

これを1回の書き込みでしたわけだが、ある程度の企業なのに、これで社会的評価が低下したとして開示請求訴訟までするのはどうなのか?と思うのは発信者である私だけでしょうか?
と冷静な今なら思えるが、開示請求を受け取った当時はガクブルものでした。


そもそもなぜそのような批判を書き込んだのか?
もともと私はその企業(以下A社)に勤めていたことがあり、仕事に対する満足感と不満を人並みに持ちながら、可もなく不可もなくという感じで勤めていた。
ただ、仕事は多忙でプライベートな時間が作れないうえに、個人的に他にやりたいこともができたので、退職することにした。
退社を申し出たときは、当たり前に引き止めもあったが、それほど揉めることもなく円満退職だったと思う。

退職後も元同僚らと年に数回集まって、飲んだりスポーツしたりして楽しく過ごしていたが、その時にA社について様々なことを聞いた。

・○○部のBさんがパワハラにより鬱になった。
・Cさんもパワハラで鬱になった。
・丸々太っていたDさんも仕事のプレッシャーからげっそり痩せてしまっていたが、ついに退職してしまった。
サービス残業を強要される。
・サービス出勤を強要される。
・上司が退社するまで帰らせてもらえない。
・仕事中私語(笑い話)をしただけで、激しく罵倒された。
・社内でEさん(年下)とFさん(年上)がけんかになり、EさんがFさんに殴られたのにFさんに対して謝罪文を書かされた。Fさんはお咎めなし。

と書いたらキリがないが、本当に在職中の人間は不満に溢れていた。
私が在職していた時からこれらの片鱗は見え隠れしていたが、当時よりも相当ひどくなっているのではないかという印象を持った。
特にCさんは私の後輩であり、かわいがっていた人物だったので、詳細を聞いてみると、現在出社できないほど、酷い状態だという。

対外的にはこのA社の評判は悪くない。
ここ数年は売り上げも順調に上がってきており、経営状態もいいと思う。

地域限定ではあるが、一般人の知名度も徐々に上がってきている。

ただ、就職希望者に外部的評判だけではなく、内情も知って欲しいとの想いから今回書き込みに至った。

 

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

名誉が毀損されたとされる書き込みの事実確認

そのサイトからのメールによると、去年の夏頃に私が書き込みをしているのが問題になっているようだった。

私は普段は2ちゃんねるなどの掲示板もほとんど見ないし、書き込みもしない人間だったので、はっきり言って本当に書き込んだのか定かではなかった。
本音としては、何かの間違いであってほしいと思った。

開示されたタイムスタンプをもとに、私がその日その時間にインターネットに接続しているか調べたところ、問題となっている時間の15分ほど前にインターネットにアクセスしていたようだった。
次に、IPアドレスが本当に自分のIPアドレスなのか、CMANというサイトで調べてみた。
このサイトはアクセスするだけで、現在のIPアドレスがわかり、そのIPアドレスがどこのプロバイダなのかまでわかるサイト。

IPアドレスについて簡単に補足すると、よく見かける192.168.〇.〇というIPアドレスはローカルIPアドレスと呼ばれており、例えば家庭のインターネット回線をルーターを使ってWiFiに変換したときなどは、このローカルアドレスになるが、今回私の開示されたIPアドレスはグローバル(動的)IPアドレスと言われるもので、世界中で同じグローバルIPアドレスを使っている者はいないといわれており、完全にインターネット上の住所と同じ扱いになる。

話は戻って、CMANで表示された現在のIPアドレスと開示されたIPアドレスは不一致だったが、プロバイダは同一であった。
自分が書き込んだ可能性が高まるたびに、心臓が潰されるような感覚に陥った。


私が書き込んだサイトというのは、企業に対して投稿者がコメントする会員制のサイトで、会員にならないとコメントを書き込むことはおろか、閲覧さえもできない。
自分が書き込んだであろう内容を確認するために、新たに会員登録をしてその企業に対してのコメント欄を恐る恐る覗いてみた。
そして内容を見て絶望した。
完全に記憶がよみがえり、自分自身が書いた事に間違いないと確信した。


そのあと強烈な不安感と焦燥感に襲われ、吐き気が止まらなくなり、食欲も全くなくなった。
しかもその日の夜からベッドに入って目をつぶっても考えることは、そのことばかりで、まったく熟睡できなくなってしまった。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

突然届いた開示請求に係る意見照会

ある日のこと。

仕事帰りにふとスマホを見てみると、フリーメールにあるサイトから一通のメールが届いていた。

いつもなら読まずにスルーするか削除するのだが、何となく開いてみると驚くべきことが書かれていた。

『弊社も抗弁致しましたが、先日裁判所から仮処分が下り、あなたの情報を開示することになりました。力及ばず申し訳ありません。開示した情報はあなたのIPアドレスとタイムスタンプ』

正直、新手の詐欺かと思った。

 

自宅に帰り、再度確認してみると、そのメールの1カ月ほど前にも同じサイトからメールが来ていた。

その内容を読んで再び驚いた。

『あなたの発信した情報により、権利が侵害されたと主張される権利者により開示請求訴訟が提起されました。つきましては、あなたの情報の開示可否をお願い致します。請求者○○株式会社』

血の気が引いた。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス